今年一番の注目新作フルーツ、赤いシャインマスカット「クイーンルージュ®」とは!?

最強フルーツ、シャインマスカット

クダモノガリプラス 岡木農園

近年のフルーツ界における最大のヒットはシャインマスカットだと言われています。巨峰の倍以上の値段で取引されており、百貨店ではひと房1万円で販売されていることも少なくありません。しかしその出荷量は年々増加し、他のフルーツの追随を許さない成長をしています。

高くても人気があるのは、一度食べたら必ずリピートしたくなるその美味しさゆえです。包装を開けた時の芳醇な香り。目に飛び込んでくる大きな粒と美しい色合い。皮ごと口に放り込んだときの頬張る満足感に、歯を入れた時の弾けるみずみずしさ。弾力がありながらサクッとした歯ざわりと、ジュースのような水分量。種なしでそのまま飲み込める。思い出すだけで食べたくなりますね。。。私自身もその魅力の虜です!

日本のぶどう農家さんがこれまで培ってきたノウハウを存分に活かすことができるため、生産量と品質が安定していることは、小売サイドから考えても扱いやすく、シャインマスカットは買う側売る側の両方のニーズを満たした現代最強のフルーツと言えそうです。

赤いシャインマスカットが生まれる?

「クイーンジュージュ®」という名前を聞いたことがありますか?直訳すれば「王妃の口紅」、いかにも高貴です。シャインマスカットを親に持つぶどうで「赤いシャインマスカット」とも言われています。シャインマスカットの一大産地である長野県が2022年の本格リリースを目指して開発している新種のぶどうです。色はロゼで、シャインマスカットよりも糖度が高く、シャインマスカットよりもハッキリとしたぶどうの風味が口に広がるとのこと(筆者はまだ試食できていないのです。。。)。

そこで、長野で高品質のシャインマスカット栽培をしている老舗農家、岡木農園の岡木さんにインタビューしてみました。生産者からみたクイーンルージュ®の味わい、かける期待、いつからどこで買えるのか、などいろいろ聞いております!

クダモノガリプラス クイーンルージュ
王妃の口紅?

老舗ぶどう農家、岡木農園さんに聞く。教えて岡木さん!

記者
お久しぶりです、岡木さんもクイーンルージュ®を栽培なさっていると聞いてご連絡しました!クイーンルージュ®の基本的なことを教えていただけますか?

岡木
ご無沙汰していました、クイーンルージュ®にご興味を持っていただいてありがとうございます!そうなんですよ、期待の新種で、今年から出荷ができそうです!ただ今年はかなり出荷数は少ないと思います。苗が出来たのが2年前なので、まだ木が大きく育っていないからです。年を追うごとに徐々に出荷量が増えていくはずです。今年はかなりレアなので、ご興味のある方は見かけたらすぐに購入することをおすすめしますよ!

記者
なるほど、そう言われるとどうしても今年ゲットしたくなりますね。実際どんな味ですか?シャインマスカットっぽい感じですか?

岡木
皮がかなり薄くて、実の食感が巨峰と比べてサクっとしているのは、シャインと似ていますね。でもシャイン以上にサクッとしているかな。味はですね、表現が難しいのですけど、私はリンゴのようなサクランボのような風味を感じます。皆さんが想像するぶどうの味とは違うと思います。甘みはかなり強くて、シャイン以上の糖度です。でも酸味もあってフルーティ。これを言ったら元も子もないんですが「とても美味しい」です(笑)
大きさは結構大きくて、大人の人差し指の第二関節くらいまでの大きさです。シャインや巨峰と比べると細長い形をしていますね。迫力のあるサイズですよ!

記者
かなりこれまでのぶどうとは違いますね。シャインマスカットがベンツだとすると、クイーンルージュ®はBMWという感じでしょうか。

岡木
・・・そうですねぇ。
すみません、わかろうとしたけどわかりませんでした(笑)

記者
・・・とにかく食べるのが楽しみです!新種ということですが、栽培する上で難しいポイントはありますか?

岡木
ロゼのような色を出したいので、黒くしすぎずに色を維持しながら、糖度を上げる作業は難しいですし手間がかかります。放っておくとどんどん黒くなっていくんですよ。実際には細かく観察しながら、日光を調整したり、剪定するんですが、結構気を使います。名前が上品ですからね、見た目にもこだわっています。

記者
名前がプレッシャーになるというのは面白いです。良いブランドってそうやって作られるんでしょうね。
クイーンルージュ®はいつくらいから味わえそうですか?どこで買えるかも教えて下さい。

岡木
順調にいけば出荷は9月中旬くらいだと思います。買える場所は、長野県のシャインマスカットを扱っている店舗であればご購入できる可能性が高いと思っています!

記者
お値段はどれくらいになりそうですか?

岡木
あくまでも予測ですが、シャインマスカットやナガノパープルといった高級フルーツと同じくらいになりそうです。旬のシーズンで、30粒/500グラムくらいの房が、2000円から3000円くらいになるかと思います。ただ今年はまだ出荷量が少なくて希少なので、もっと高くなるかもしれませんね。

記者
最後の質問です。岡木農園ならではのこだわりはありますか?

岡木
クイーンルージュ®に限らずですが、ウチは品種に合わせて土作りから変えています。ルージュに合わせた土を配合して使っていますので、美味しくなってくれると思います!とにかく収穫が楽しみですし、早く皆さんに味わってもらいたいですね!

記者
今日はありがとうございました!待ちきれません!

クダモノガリプラス クイーンルージュ
岡木農園で栽培中のクイーンルージュ®
クダモノガリプラス クイーンルージュ
断面から皮の薄さがわかる

試食会での声

岡木農園さんのご好意で、栽培中のクイーンルージュを少し送っていただき、試食会をしました。参加者の感想をご紹介します。※筆者は不在でまだ食べられていません

  • あまり食べたことがない食感
  • サクッとした感じで日本のぶどうじゃないみたい、食べていて楽しい
  • 若々しい感じがする、味も見た目も新しい

やはり、食べてみないとわかりませんね!

取材にご協力いただいた岡木農園のご紹介

長野県須坂市にある、対象から続く老舗ぶどう農家さんです。まごころ込めたシャインマスカットやナガノパープルを販売しており、全国に多くのファンがいます。通販でも販売をしておりますので、岡木農園から直接ぶどうを買うことができます。ご家族でぶどうを栽培なさっていますが、この家族が作ったぶどうは美味しいに違いない、と思えるほどお人柄も素敵な皆さんです。不定期でオンラインシャインマスカット狩り(とれたて翌日直送)もやっていらっしゃいますので、SNSも要チェックです。